ミニマリストが「テレビはいらない理由」を解説!



どうも!

ズボラミニマリストのチアキです🐵


今回は、テレビを持たない暮らしを始めて2年経った私が、テレビはいらないと思った理由を書きます!


テレビを捨てようか迷っている方の参考になればと思います。

テレビはいらない理由


私が"テレビはいらない"と思う理由。


それはテレビがないことでのメリットが多いということです。


具体的にメリットをあげます。


<メリット01>

ダラダラとテレビを見る時間が減った。


テレビが家にあるときは意味もなくテレビをつけていました。


そして特に観たいわけでもない番組でも、ダラダラとテレビを観ていました。



しかし、テレビがなくなることで、意味なくダラダラとテレビを観ることがなくなりました。


今までテレビを見ていた時間を私は副業に使えていて、有意義に過ごせているのでなくても問題ないと思ってます。



<メリット02>

ネガティブなニュースを観なくて済む


テレビでは、事件や事故のニュース、はたまた芸能人の不倫のニュースなど、ネガティブなニュースが流れます。


(こういうニュースを流すことで購買意欲があがるとかなんとかDaiGoさんが行ってた気がします。)


私は、あまりないですが、妻がHSPなので、そういうネガティブなニュースに気持ちが持っていかれます。


テレビを手放してからというもの、そういった機会が減ったのは良かったなと思います。



まぁ、とは言ってもTwitterとかでもトレンドにネガティブなニュースとか出るんですがね。



<メリット03>

部屋が広く使える


テレビがなくなることでスペースが空きます。

しかもテレビを置いているテレビ台も不要になります。


モノが減るので部屋が広く使えます。


またモノが減ることで掃除の手間も減ります。



<メリット04>

NHKの集金の対応がラクに


引っ越すと必ず来るNHKの集金さん

どうやって情報を入手しているのか笑


テレビを手放したことで「テレビないです」の一言で、終了するので個人的には嬉しいです。



<メリット05>

お金が増える


テレビや、テレビ台を売ることでお金が増えます!

そんな大きいお金ではないですが、これはメリットといえますね!


以上がメリットです。



メリットだけ伝えるとフェアではないのでデメリットも。


<デメリット01>

流行についてけない


テレビがないので、今はやっているドラマや、今をときめく俳優・芸人さんがわかりません。


まぁ、実際にはそんなデメリットではないですね。

学生時代であれば、こういう流行りを知ってるって大事だった気がしますが、今は知らなくてもあまり関係ありません。



<デメリット02>

観たい番組が観れない


ガキ使や紅白など、観たい番組が観れません。

まぁ、そもそも観たい番組は、少ないんですがね。


いや、"少ない"というか"少なくなった"という感じです。

もともとはかなりのテレビっ子だったので、観たい番組はたんくさんありました。


しかし、紅白もガキ使も観なくても何も支障はないんですいよね笑


なのでそんなにデメリットではないです。



<デメリット03>

これは私が感じたものではないですが、子供がいるとテレビがないのはデメリットかもしれません。


まぁ、今は子供がいないので、問題なしと。



実際にデメリットを書き出しましたが、あまりデメリットとは感じてません。


それはなぜか??


そう、それはテレビの代わりになるものがあるからなんです。


例えば、

・YouTube

・AmazonPrime

・Netflix ・U-NEXT

など


十分、楽しめるコンテンツは、あります。


これのおかげで元々テレビっ子だった私でも、テレビはいらないと思えています。



しかも、いまはこんなアプリもあります。

スマホでテレビが観れます。

もちろん、すべての番組でないですが。


私は、これで2021年の年始に放送された"逃げ恥"を観ました!



これだけ条件が揃えば、テレビはいらないということです。


なのでテレビを捨てるか迷っている人は、思い切って捨ててみても生活できると思います!


そうはいっても捨てたら捨てたで心配だなって人は、一度手放したと仮定してお試しでテレビがない生活をしてみることをおすすめします。


テレビを1ヶ月付けないで生活してみる!

とか

テレビを押し入れにしまって生活してみる!

とか


捨てなくても良いので、無いと仮定して生活してみるのありです。


それで、「テレビいらないな」と思えばメルカリで売ればいいですし、「テレビ必要だわ」

って思えば、手放さず残しておけばいいと思います。


自分のライフスタイルや、なりたい自分に合わせて取捨選択をしてみてください!


少しでも。今回の記事が参考になったら嬉しいです!


最後まで読んでいただきありがとうございます!